HOME > ブランド > オンクル・アンシ
オンクル・アンシ

オンクル・アンシ(アンシおじさん)ってだあれ?

Jean Jacques Waltz (ジャン=ジャック・ヴァルツ) 、またの名をHansi(アンシ)。 1873年にフランスとドイツの国境付近にあるアルザス地方にて生まれ、以後イラストレーター、風刺画家、水彩画家として、アルザス文化、伝統を描き続けた伝説的なアーティストです。

アンシおじさんが生きた時代、アルザス地方はフランスとドイツの抗争の真っただ中。反ゲルマン(ドイツ)派のアンシおじさんは、フランス軍に志願し入隊後、フランス、スイスへと亡命し、フランス軍を応援するポスターなどを作成し生計を立てていました。

長い戦争時代を乗り越え、アルザスがフランス領になった喜びがあふれる彼の純粋で素朴なイラストは、アルザスの子供たちの平和な日常や、地域文化や伝統行事などのひとコマを切り取っており、アルザスへの愛情や平和の尊さを伝えてくれます。

1951年に亡くなってからも、彼の作品は世界中の人々から愛されており、2015年には、アルザスの文化遺産として、アンシおじさんが描いた、理想化されたアルザスの姿を再現したアンシ村が作られ、その中には、アンシおじさんの作品を展示するミュージアムもあり、今でも多くの観光客が訪れています


01

■アルザスの小さな伝統菓子

オンクル・アンシの小さなクッキー”Bredele(ブレデル)”は、アルザスの伝統の地方菓子。

星型や絞り出しなど、様々な形のクッキーがあり、1年を通して家庭で親しまれていますが、特にクリスマスシーズンに、美しいイルミネーションや街並みと関連付けて食べられるクリスマス菓子で、アルザスの文化遺産の一部でもあります。

アルザス地方は焼菓子で有名ですが、このブレデルも、昔ながらの伝統的な製法で焼き上げられ、飾り気がなく、どこかほっとするような、素朴でやさしい味わいです。
”アンシおじさん”の愛らしいイラスト入り缶に、アルザス伝統のクッキーを詰め合わせた、アルザス情緒あふれる一品です。


02
03


カファレル

チョコレートカンパニー

クプルブ

チョコレート・オルガニコ

チョックスターズ

ミシェル クルイゼル

バルベロ

アントニオマッティ

テラフェルティル

メイドグッド

ポール&ピッパ

ハーフポップス

オンクル・アンシ



サル・デ・イビザ

エーシーパークス

コニャック ピエール・ドゥ・スゴンザック

ブーガンビル クラフトラム